日経225先物取引で資産を増やそうとする人

日経225先物取引で儲ける

日経225先物取引で、リスクを取っても資産運用をし、ハイリスクハイリターンで自分で資産を増やそうとする人が増えています。
やはり、年金問題も絡んでいるのでしょうか?

 

バブル崩壊、失われて10年と一時冷え込んだ日本経済も活気が戻り、日本株にも復調の兆しが見えてきました。
そこに、株の売買のネット取引が可能になる等、株式取引システムの利便性が向上し、そんな中で、最近とくに注目されているのが「日経225先物取引」です。

 

「日経225先物取引」とは、日経平均を株のように取引することで、日経平均株価指数です。
東証1部に上場している会社は1400あるなかで、代表的な225銘柄の株価を指数化したものです。
ある特定の期日(これを満期日と言います)に、日経平均株価指数を現時点で決められた約定金額で取引することを契約する、先物取引で、ある特定の商品を対象として、買付時に買付代金を支払わず、
将来の一定の期日まで代金の支払いが猶予される取引のことです。

 

「日経225先物取引」には日経平均が下がっている局面で買い、購入時より値が上がった時に売って利益を上げる方法と、先物取引のように売りから取引することも出来、相場が下げている局面でも利益を狙った取引を開始することが特徴です。

 

株購入の際の個別銘柄に集中投資する際の企業倒産のリスクがなく、日経平均(東証1部に上場している銘柄の中から選別された株価の平均)に投資をするため、リスク回避の分散投資が可能で、値動きを追いやすい特徴があります。

 

しかし理解しておかなければいけないことに、ラージの場合は日経平均のおよそ1000倍の価格で取引することになりハイリスク・ハイリターンになってしまうということです。
仮に、利益が10円出た場合には1万円のプラスになりますが、逆に10円の損が出た場合には1万円のマイナスになるということです。

 

「日経225先物取引」は取引代金×数%の証拠金で取引が出来ます。「レバレッジ効果」と言って、少額の資金で大きな運用成果を得ようとする取引の手法です。少ない資金で大きく儲けるチャンスがありますが、それともなって大きく損出する可能性があり、ハイリスク・ハイリターンの運用方法であることに注意が必要です。